てんの秘密

蹴鯖で「元気」をモットーに、楽しくギャーギャー遊んでいましたが、今はアトモス鯖で遊んでます

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
〔雑談〕自転車
INできていないのでFFのこと書けない(゜д゜)

  でも、ブログは好きだ
  ここのブログはまだ日が浅いけど
  一昔前にはまってた時期があり
  その時の恍惚感を彷彿させるものがある

  全て自己満足であるがな(*’ー’)

ちょっとリア話とかそれてみよう

自転車

そう
私の自転車は2年前にグレードアップした

Non110502012651a.jpg



実家にいたときは自転車など乗ったことがなかった

車は、一家に一台ではなく一人一台という環境の田舎だったので
18の時からずっと車だった

実家を出て市内に引っ越す際、駐車場代の高さにひれ伏し、車を手放したわけだが
ずっと車とともに生活をし、何をするにも車が必要だった環境にいた私は
車を手放すことはとても怖かった

だがしかし、いざ引っ越ししてみればなんてことはない
市内にいれば車などいらない。むしろ邪魔でしかない

「 環境 」とはすごいものである


初めての自転車(普通のシティサイクル型)はオレンジ色だった

  「 派手なほうがいいよ 」

といって、姉が贈ってくれたのである


Non120930204020a.jpg



派手なオレンジの自転車は、瞬く間に友人達の中で人気者になり
下管に貼られていたシールから、その自転車は「 ジューシー 」と呼ばれるようになった

Non120930203443a.jpg



一か月後、ピカピカのジューシーは姿を消した

友人達曰く、ジューシーはマカオにいったらしいが、盗難である


田舎からでてきて、盗難という洗礼をうけた私にピカピカの自転車を買う気力はなく
中古屋さんで夏目4枚握りしめて、自転車を購入した

2台目の自転車は、限りになくグレーに近い白の自転車で
放置されているのか所有物なのかわからない自転車だったのだけど
友人達からは「 ジューシー2号 」と呼ばれるようになった

ジューシー2号はその安さと外観ゆえに、あまり大事に扱われなかった

  雨の中放置しても平気 
  家に乗って帰らず、そのまま乗り捨て放置しても平気だった
  現に、ジューシー2号は盗難にあうことはなく、翌日もそこにいた

だがある日、ジューシー2号は置手紙と一緒に姿を消した

撤去である


所定の場所までいくと、そこには無数の自転車が縦列されていて
その中からジューシー2号を探すことになった

やっと見つけたジューシー2号は2~3千円と引き換えに私の手元に戻ってきたが
引き取りに行くまでの間の事情で、既にジューシー3号がいた

ジューシー3号は更にグレーな風貌だが、夏目3枚で購入することができた

Non100731002207a.jpg



本来ならジューシー2号は必要なかったのだが
3号は24型の車輪の小さい自転車で、乗り心地の悪さから2号が恋しかったのである

しかしまたもや2号は撤去にあってしまう

  本体4千円+1回目撤去&電車代3千円+2回目撤去&電車代3千円

御察しだろうか
私はジューシー2号に1万円をかけれなかったのである

余儀なくして私は3号との生活が始まった

Non100731002218a.jpg


当時、某百貨店に勤めていた私は、友人達との環境もあり
毎月1~3万程洋服代にお金をかけ、ネイル、エステ、化粧品にとオシャレにお金をかけ
時には10万以上洋服代にかける月もあり、頭から足の先までブランド品に身を固めていた

  男性向けのためではない
  いわゆる女の職場ならではの維持みたいなものである

だが、自転車はジューシー3号だった


外観はどうでもよかったが、身長がやや高めな私には24型の3号は乗り心地が悪かった
私は「 3号が盗難か撤去にあったら、1万円ぐらいの4号を購入し、大事にしよう 」と心に決めた

だが、3号はしぶとかった
禁止区域に止めても撤去されない
鍵をかけ忘れていても、盗まれない
一週間置いても撤去も盗難もされない

そんな3号との生活は2年ほど続き、栄誉賞としてカゴを新品にしてあげたりもした



そして時はきた



相変わらず盗難も撤去にも会わない3号だったが、私は鍵をなくしたのである
ちょっとニヤつきながらも鍵を探すが、見つからない

その頃は某百貨店にはおらず、TV取材などもきている某美容関係店に勤めていたのだが
その職場環境でどうしても自転車が必要だった

私は彼氏に連絡し、普段使わない彼の自転車を取り敢えず貸してもらうことにした


職場まで自転車を持ってきたという彼のメールをうけ
新しいカギを受け取りに店を出た

そこには、どうみても2号、3号の跡を継ぐ風貌の4号がいた
貸してもらうはずの彼の自転車ではなく、新しい4号を購入してくれたのである

聞けば4号は2号・3号と同じ店で4千円で購入し
サドルは新品のほうがよかろうと、別購入してくれていた優しい人なのだが
彼に非はないが、4号は奇しくも24型だった

そして数日後、私は3号のカギを見つけてしまった


こうして24型の自転車が2台になった
3号・4号どちらかがいなくなっても、残ったほうも24型なのである
とはいえ、4号はわからないが、3号はとにかくしぶといので、早々にいなくはならないだろう



そして時はきた



友人が自転車の盗難にあい、とにかくどんなのでもいいから自転車が必要だというのである
私は3号を嫁に引き取らないか?と話を持ちかけた

最初は遠慮する友人だったが、2台あるので1台どうぞ^^ というと乗り気になり
それでもタダはダメだと譲らない友人に負け、3号を千円で譲ることにした

こうして3号との生活は終わった


とはいえ、4号、やつがいる

私は3号のカギをなくした時点で、ピカピカの自転車に夢を馳せていたのだが
折しも4号が頂き物として飛び込んできたのである

ジューシー1号がいなくなってから約3年
そろそろ光沢のある自転車に乗ってもいいんじゃないか?と思うが
頂き物の4号を乗らずして新しい自転車を買う言い訳が見つからなかった



そして時はきた



私は某美容関係店を逃げるようにして退職し、今の職場に転職していたのだが
家から3つ向こうの市区という距離もあって、電車通勤になっていた

この頃、世間ではランドナーやロードバイク、ピストバイクが世間を賑わし始めていて
友人達との間でも「 買った 」「 買う 」などと自転車の話題で盛り上がっていた

彼に言う理由は


  通勤用に速い自転車が欲しい


だった

最初はあぶないとか、危険とか、事故がとか
とにかく心配という理由でなかなか承諾をもらえなかったのだが
一ヶ月ぐらいかけて、ようやくおkをもらった


そして、5号でもない新1号を買ったのである

Non110502012827a.jpg


だが、今でも時折3号のことが気になる

3号は友人の元にいったわけだが、譲った一週間後に友人に会ったときは
ピストバイクが流行る前に流行っていた、オシャレな小さい自転車に変わっていた

Non100928234245a.jpg


聞けば、三日後ぐらいに3号はいなくなり、諦めて新しい自転車を買ったそうだ



  私は思った

  3号にとって友人は主に成り得なかったんだろう


Non100731002154a.jpg


マカオにでも行っているといいんだが

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Base Designed by aykm. Customized by ORESAMA.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。