てんの秘密

蹴鯖で「元気」をモットーに、楽しくギャーギャー遊んでいましたが、今はアトモス鯖で遊んでます

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
わたしと木人とママン
b7ccdb769a8346c087f80e21201f063a_400.jpg
わたしの生活に欠かせないものに「 木人 」がある


  もく‐じん【木人】
  木で作った人の像。
  「立て置きたる―に向って、剣をとりひしぎ」〈太平記・三八〉


ffxiv 2015-03-06 00-40-53-47



かつての心源流拳法師範 ネテ○会長が自身の肉体と武術に限界を感じたとき
辿りついたのは「 武道への感謝 」


自分自身を育ててくれた武道への限りなく大きな恩を少しでも返そうと
思い立ったのが「 一日一万回 感謝の正拳突き 」



ffxiv 2015-03-06 23-06-58-71


その志を肖ろうと私も木人を叩く日々になりました

ぃあ、実際わたしは一万回も叩いてませんけどね


ffxiv 2015-03-06 23-06-26-68


モンクは面白い

一発一発の攻撃力は高くないので、瞬間火力は他のジョブに比べると劣るけれど
ミスなく確実にスキルを廻していくことで、総体的にどのジョブよりも削ることができる(と思う


そんな小さな積み重ねで削っていくモンクは決して落としてはいけない3つの力がある


スピード(疾風迅雷
エネルギー(双掌打
蝕む毒(双竜脚


これらはそれぞれ効果時間があり、確実に切らさず繋げていくことで
己の力を最大限に引き伸ばし、敵を地面にひれ伏すことができる


だがそれは切らしてしまうと「 負け 」をも意味する


其れゆえに、一つ一つの流れる動きがとても大事なのだ


ffxiv 2015-03-06 23-02-26-57-a



私にはモンクの師匠が数人いる

初めて木人を教えてくれたのは、「 畑いじりの田舎のBBAじゃねーか! 」と豪語したFCママンだ
FCママンは強い

そんなFCママンが敬愛する「 チクビがないって言われたんだ 」と落ち込む心優しいルガモさんも
色々わたしにアドバイスをくれ、前線でプロモとして戦っていて、とても強い

そしてこの世界で知り合ったもう一人のプロモ
私がママンと呼ぶ人である


今日はそんなママンとのエピソードを紹介したいと思う



●ママン


ママンとの出会いは強烈だった

ffxiv 2015-01-27 01-22-18-85


真成編に行くようになった私は、モンクとしての自分が世の中に通じているのか?
今のまま進んでいいのか?大丈夫なのか?と、ほぼ我流でやってきたため指針がなく
武道家としての路に迷子になっていた


そんな中知り合ったフレに何か忘れたけど何か質問というか何か疑問をつぶやいたのだけど
それを覚えていてくれたらしく、翌日フレが「 知り合いに聞いておいたおー 」と教えてくれたのだ
( でもその質問も回答も今はもう忘れた )


ふんふん、と調べてくれたことを聞くとPTに誘われ入り、そしてもう1人PTメンが増えた

それがママンとの初めての出会いである


フレは言った

  「 うちの固定のモンクさん。何でも質問どうぞ 」




いきなりである
びっくりである
今から未知のホリホリに行こうと思ってたなんて言えない状況である
そして、何か質問しなくてはいけない空気である


これは困った
フレは固定のモンクさんをPTにきてもらい場を作ってくれている
固定のモンクさんも悩める私の相談事を聞いてくれる気満々なのである
無下にはできない
ここで「 とくに・・・^^; 」なんて言えないのである


まいった


何か質問しなくては・・・・と、悩んでいると、自分のハウスにいた私と同じエリアにきた固定モンクさん
※11と同じで、PTメンが同じエリアに入るとHPなど詳細が表示される 

  ( あれ・・・?実は同じハウジングエリアに家があったのかな・・・?いや、まさか・・・? )

と思っていると、いきなり家の前まで現れたのである


ffxiv 2015-01-27 00-30-24-48


びっくりである

挨拶程度しか会話をしていない初対面で、初めてPTを組んだ相手の家まで現れたのである
もちろん家の場所など言ってない

  < どうして家の場所が?!

と素直に疑問を尋ねると

  < 調べりゃすぐわかる

とサラッと言われた

すごい行動力
グイグイ、ちょーグイグイ

そして固定モンクさんは言った

  < 来たほうが早かった

といい、木人の前に座ったのである


そう、何も言わず「 木人の前に 」座ったのである


私は言った。すぐ言った。その無言の圧に抵抗するべく、全身で言った。

  < いやいやいやいやいやいやいやや。むりむりむりむりむりむりむりむり。絶対無理。

何回無理と言っただろう
恥ずかしすぎる
プロモの前で木人を叩くなど、羞恥プレイにもほどがある
発表会するなら、スキル廻しがどうとかよりも、まずはそれなりの心の準備が必要だ
絶対そんなの準備なしで無理だ

全身で否定を繰り返していると、FCママンが現れ

  フレ < お邪魔してます

  固定モンク < お邪魔しております

  FCママン < ごゆっくり^^

そして私のことを一瞥するFCママン
今の状況と事情を話し、何とかこの危機を乗り越えるべく、知恵を借りようとすると

ffxiv 2015-03-09 23-31-47-33


無慈悲である

そういい捨て、FCママンも近くのベンチに座るという四面楚歌



        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚



殴った
私は殴った
木人をこれでもかというぐらい叫びながら殴った


そしてアドバイスを頂き、木人大会が始まった


平日の夜中の2時のことである


ffxiv 2015-01-27 00-48-52-41


そしてこの日から私はモンクとしての成長を遂げるべく
木人との生活が始まったのである



●そんなママンがまた私を成長させようと動いてくれた


ある日、私はリムサの競売近くで放置しているとママンが私の前をウロウロしていた
私は離席マーク
気付いてはいるが、今はまだPCの前に落ち着いて座れないので確認はしたけどPCを後にし
次にまた見たときはママンの姿はなかった

そしてリア用事が終わったので、PC前に座るとママンが私のキャラの前で立っていた


これは明らか何か用事がある


私は離席マークを外し、さっき傍にいたのは気付いていたけど戻れなかったのごめんね;;
と、心の中で謝りながらハグで挨拶した


ffxiv 2015-03-10 20-02-01-72


ffxiv 2015-03-10 20-02-34-71


試してきた?何を?
そういえば、装備しているその頭はデモンズ装備
ママンの頭の装備は新式禁断装備のはず



ffxiv 2015-03-08 01-55-02-90-a



ま、まさかこれは・・・



ffxiv 2015-03-10 20-02-36-22
ffxiv 2015-03-10 20-04-55-15



びっくりである
おそらくロドストか何かで私の装備を調べ、数字を近くし
現状の強さを調べてきたというのだ


  ママン < のん。今のあなたの装備の数字は?
  

そう聞かれ、自分のステータス一覧を確認し、意思、クリティカルなどの数字を伝え
ところどころ違和感を感じたけども、普段の数字をはっきり覚えていなかった


そして、もう一度木人を殴ってみろという



ffxiv 2015-03-10 20-19-08-33



  木人


あの日以来、時間があれば殴ってきた木人
あれから一ヶ月半ほど経った


あの時は急だったし、まず木人に慣れていなかったから全身で否定したけども
今の私は違う
今なら自分のスキル廻しを恥じることなく、確実に全てを見せれるだろう


いいだろう


今の私の全てをママンに見せよう


ffxiv 2015-03-06 23-06-37-04


  カキーン

  ドカーン

  デンデンデーン


いつもと同じスキル廻し
だけども何かが違う
クリティカルが出ても数字が低いし、うまく体が流れない

これがプレッシャーという名の重圧なのか・・・!


焦る私の気持ちをよそに刻々と時間が過ぎ、木人を殴る鉄板タイム2分が終わった


結果は、全然ダメダメな木人2分だった


私は焦り、この一ヵ月半こんな結果だなんて信じたくなかった
もう一度チャンスが欲しいと、もう一度やらせて欲しいと懇願したが
これ以上やっても無駄だと、ママンは気付いていた


そう、私の欠点に気付いていた



ffxiv 2015-03-10 20-24-25-75-a

ffxiv 2015-03-10 20-23-52-34

ffxiv 2015-03-10 20-24-25-75-b



意気揚々と自分の装備ステータスを伝えたときから間違っていた
ちなみに未強化のスファライと普段の武器との差は、ILのレベルが30も違うw

なのに気付かなかった馬鹿娘である



ffxiv 2015-03-10 20-25-31-12-a



自分でいうのもなんだけど、草はやしすぎである
落ち着け

※ちなみにこの時はまだ3層未クリアの時なので、今の4層の装備はまたステが変わってます



この後は、いつものスキル廻しを見せることができ
新しいスキル廻しを教えてもらい、それぞれのスキルの使い方や状況に応じた動きなど
ママンは丁寧に教えてくれ、すっかり夜が更けていました



ffxiv 2015-03-10 20-43-59-76


ママンは面白い

こんなこと言うと誤解されそうだけど、フレ登録が少ないという点も私の中で好感度が高く
自分と同じような性格だと思え、親近感を覚える


ママンは優しい

今回のFF11の件で、特に14の誰ともその話をしてはいないのだけど( 恐らく腫れ物扱い )
心中察してくれているかのような暖かいテルをくれた


そして、返事をしようと2秒後にテルを入れても、ID に行っていて不達になるマイペースな人でもある
そうゆうトコも好きだ


頑張って追いつきたいものである(*’ー’)



●おまけ

ffxiv 2015-03-10 20-02-37-12


破砕拳に対するありがたいお言葉である

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
FCハウスの木人を誰も居ない時に殴ってる私が通りますよw
モンク大変だよね(^^;;忍者で良かったと思うこの頃ですww
闇装備が忍者取り終えたので、モンク揃えてみようかな(^O^)
モンクカンストしたらプロモののんさんに見つめて貰おう‼️その時は宜しくねT_Tw
2015/03/24(火) 17:51:47 | URL | 戦記の忍者 #-[ 編集]
今度木人で勝負しよか( ´_ゝ`)b
2015/03/26(木) 11:04:39 | URL | チクビないルガモ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/28(土) 00:40:54 | | #[ 編集]
戦記の忍者様
レス遅くなって申し訳w

わたしはプロモじゃないです
並モなのだ(´・ω・)

忍者いいよ!忍者マヂ強い!
やること多すぎて大変そうだけどwww
戦記忍者さんならプロ忍になると思う
DPS出して私の分も補填して!

2015/04/05(日) 04:43:08 | URL | てん #-[ 編集]
チクビないルガモ様
もうやめて!わたしのライフはゼロよ!

※レス遅くなってすみませんw
2015/04/05(日) 04:44:02 | URL | てん #-[ 編集]
非公開様
2時間経ってもつかないってどうゆうこと!w

また落ち着いてINできるようになるまで待ってるから
一緒に遊ぼうね!
私もようやくバハ落ち着いて時間とれるようになったよ

ミコッテは正義!
HAHAHA
2015/04/05(日) 04:45:57 | URL | てん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Base Designed by aykm. Customized by ORESAMA.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。